未分類

中森明菜が結婚しない本当の理由とは?彼女の結婚観に触れてみる

中森明菜

平成生まれのゆとり世代でも知っている人は知っている大物歌手といえば、中森明菜さんでしょう。

あまり馴染みはないけど、「DESIRE -情熱-」とか「飾りじゃないのよ涙は」とかヒット曲を連発して、もう浜崎あゆみ並みにブレイクした人ですね。

ところで、中森明菜さんって調べてみると結構いい年齢なんです。

それこそ人生の折り返し地点に到達している頃なんですけど、「そーいえば中森明菜って結婚しているっけ?」と気になっていた人も多いはずです。

そこで今回は、中森明菜さんの結婚事情について調査してみました。

中森明菜って結婚しているの?

まずお伝えしておきたいことは、中森明菜さんはまだ結婚していないということです。

つまり独身です。

ネット上には「中森明菜に結婚の噂!?」とか「結婚秒読み!?」みたいな記事で溢れかえっていますけど、結婚していませんので勘違いしないように。

 

ところで、かつて彼女はこんなことを発言していました。

「一緒にいられるなら籍を入れなくてもいい」

「別に長生きしなくていいですから、私は」

これは嘘偽りなく、ホントに心の底で思っていることなんでしょう。

 

中森明菜さんといえば昭和世代の人たちにとっては思い出深いアイドルの1人で、いまだに「明菜ちゃんの大ファンはめちゃくちゃ多い」と聞きます。

現に彼女の年1回開催されるディナーショーとかもチケットが即日完売するのだとか。

ちなみに、明菜ちゃんのディナーショーについて気になる人はコチラの記事に詳しく載せています。

中森明菜と結婚したい人は星の数ほどいる

中森明菜さんって結婚したくてもできないのでは?という意見が多いんですよね〜

ただ彼女はいまだに根強いファンを持つ大物歌手です。

彼女との結婚を夢見ている人たちはそれこそ数えきれないぐらいいるんです。

あ、もちろん芸能界にもたくさんいらっしゃるはずですけど、ここで言っているのは「一般人」の話です。

たとえばこんな感じで、

それこそ中森明菜さんと結婚したい人は10万人ぐらいいてもおかしくないはずです。

だから結婚しようと思えば今すぐにでもできるはず。

中森明菜が結婚しない理由

結婚しようと思えば絶対にできる。それこそ今すぐにでもできる。

なのになぜ彼女は結婚しないのか?やっぱりそこには「できない理由」が隠されているのか?

・・・

週刊誌をはじめネット上にもあらゆる考察が出回っていますけど、やっぱり結婚を選ばないのが正解なんじゃないかと。

先ほども述べましたけど、中森明菜さんは今でも根強いファンを持つアイドルなのでむちゃくちゃモテるんです。

だから結婚しようと思えばそれこそ今すぐにでもできるんですけど、しないが正しいのです。

なぜ結婚しないのか?愛する人と生きていく道を選ばないのか?

・・・

なんというかこの辺は我々のような一般人とは感覚が違うんだと思うんです。

「一緒にいられるなら籍を入れなくてもいい」

このように発言されていますけど、彼女にとって「結婚」というイベントは長くて濃い人生の中でもどうでもいい部類に入るぐらいのものなんでしょう。

楽しかった学生時代から社会人になり、それなりに収入も増えてきたから結婚して子供を生む。

家族仲良く暮らしていけるようにマイホームを買って、休日はマイカーでドライブでも楽しむ。

これってフツーの人たちが送るような人生ですけど、彼女って10代の時点でもうフツーの人たちとはかけ離れた生き方を送っていたわけですし、それこそ「テレビの中の人」の中でも1、2位を争うぐらい売れていた。

売れに売れまくって、近藤真彦さんとは色々あったし、この世を去ろうとしたトンデモナイ事件をしでかしたこともありましたよね?

もうフツーの人たちとはたどってきた道のりが何もかも違うから、一般人とは思考もかけ離れるんです。

もちろん中森明菜さんも1人の女性です。

あまり表沙汰にはなりませんけど…恋愛は楽しんでいるようですしそれこそ夜の営みもしてるはずですよ。

好きな人だってできるはずです。ただそれでも結婚はしない。

今後、中森明菜さんが結婚する確率は?というと、

・・・

もうゼロに近いのではないかと。

中森明菜は今後も「結婚を選ばない」

今回は中森明菜さんの結婚観についてツラツラと書いていきましたけど、いかがでしたか?

どこかミステリアスな雰囲気を漂わせているので「実際は結婚してるんじゃないの?」とか色々と妄想してしまいますけど…

中森明菜さんは結婚していませんし、これからも結婚という道は選ばないでしょう。

中森明菜さんと結婚したい人には残念なお話ですけど、そっと見守っておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。