アーティスト(歌手)

中森明菜の現在2019が相変わらずミステリアスだけど収入ヤバすぎる件

中森明菜

昭和の歌姫といえば誰を思い浮かべますか…?

この質問に対して中森明菜と答える人は多いはず。

ほかにも美空ひばりさんとか山口百恵さんとか印象的な人はいますけど、それでもとくに団塊ジュニア世代に印象的な人といえばやっぱり中森明菜さんでしょう。

ところで、あれだけ昭和の時代に活躍して彼女も平成に入った途端、驚くぐらい露出度が少なかったですよね?

最近はどうなっているのか?令和では奇跡的な復活を遂げるのか?

そこで今回は中森明菜さんの現在の活動状況や気になるマネー事情(収入)などについて調査してみました!

中森明菜って無期限の芸能活動休止していたよね…

中森明菜

中森明菜さんといえば、2010年に無期限の芸能活動休止を発表したことでかつて話題になっていました。

気になる活動休止の原因ですけど…当時はうつ病摂食障害などと言われていました。

あれほど活躍していた昭和の歌姫がなぜそこまで落ちぶれたのか?

その最たる理由は近藤真彦さんとの熱愛事情に隠されていました。

マッチの部屋で左腕を切る

中森明菜と近藤真彦

ちょっとありえないですけど…ウソみたいなホントの実話です。

以下、参考文ですけど、

1989年7月11日夜、東京・六本木の自宅マンションに帰った近藤真彦(54)は全身の血が凍り付いたのではないか。浴室に恋人の明菜が血まみれで倒れていたのだから。

明菜は左腕の内側を刃物で切っていた。近藤の自宅で命を絶とうとしたのである。近藤は24歳で、明菜は23歳。ともに人気アイドルだったので、空前の騒ぎとなった。

引用:デイリー新潮

当時、付き合っていた彼氏(近藤真彦さん)の自宅で自殺未遂を犯したということです。

動機については当時、

  • 所属事務所「研音」との不協和音
  • 家族問題

などがクローズアップされていましたけど…実際は近藤真彦さんへのダメージを和らげるための配慮だったようです。

つまり、中森明菜さんの体調不良の最たる原因は近藤真彦さんだったんです。

近藤真彦さんは初恋の相手だった

これまたウソみたいな話ですけど、実話です。

中森明菜さんは16歳の時に出場したオーディション番組『スター誕生!』合格を機に、17歳から芸能活動を行っています。

当時、まだスマートフォンどころかガラケーなどもなかった時代です。

意中の人と頻繁に連絡を取ることもできず、今みたいにチャラチャラした人なんていない誰もが青春を楽しんでいた時代です。

それこそ好きな人と徐々に距離を縮めていき..思い切って本人の目の前で告白する、そんな甘酸っぱい時代です。

これは何も一般ピープルに限らず、明菜ちゃんのような一流芸能人の間でも恋愛という行為をシビアに捉えていました。

そんな状況下で、当時の近藤真彦さんはめちゃくちゃモテていました。色んな人から恋のアタックを受けていたことは有名な話です。

なかでも中森明菜さんがライバル視していた松田聖子さんも接近していたぐらいです。

モテまくる近藤真彦さんに嫉妬し、近藤さんとの関係がぐらぐらと揺れ動いていることに苛立ち、よりによって最大のライバルも近づいている状況に不安定になり、最後は溜まったストレスが爆発して…自殺未遂を図ったんです。

実際、近藤真彦さんと松田聖子さんはニューヨークで密会していたようですし、やっぱり明菜ちゃんの心の傷は相当なものだったでしょう。

それから近藤真彦さんとの関係も終わりを告げて、ぱったりとメディアの前にも姿を見せなくなりました。

その後、2014年の大晦日の「紅白歌合戦」(NHK)から活動を再開したものの、目立った活動は行っていないという状況です。


中森明菜って新彼氏いるの?もしかして…すでに結婚してる!?

中森明菜さんの過去を調べていると「恋愛」という突然前触れもなくやってくる魔力に酔いしれて枯れていることがよくわかります。

過去にド派手な恋愛と騒動を繰り広げているぐらいなので、今でも恋愛に対して控えめなのではないか?という気はしますけど、やっぱりそんな感じでした。

ボーイフレンドについては一時期話題になっていたマネージャーや神主と噂になったぐらいで、それからというのも噂になった人はまずいません。

つまり現在はフリーの状態とみてまず間違いないでしょう。

それこそ近藤真彦さんとの騒動で行った会見を境に燃え尽きてしまったのではないかとまで言われています。

なので、当たり前ですけど結婚もしていません。

中森明菜って現在何やってんの?

波乱万丈な人生を歩んできた中森明菜さんですけど、まだ彼女も50代ですので人生はまだまだ続きます。

少なく見積もっても、あと20年ぐらいは続くでしょう。

ところで、われわれ一般ピープルが中森明菜さんを最後に見たのはそれこそ2014年の大晦日の「紅白歌合戦」なんですけど、彼女ってどうやって生計を立てているのか?

気になったのでちょいと調べてみました!

 

現在の収入源を率直に述べると、

  • 年1回のディナーショー
  • CDやアルバム、カラオケなどの印税
  • 明菜ちゃんのグッズ

こんな感じです!

年1回のディナーショー開催していた!?

2014年の復帰後、メディアへの露出はほとんどなかった中森明菜さんですけど、2016年のディナーショー開催を皮切りに、現在は各地で毎年のようにディナーショーを行っているようです。

テレビで紹介されることもない完全シークレットで(実際は表向きに公表されていますが…)、一部のファンだけが知るディナーショーです。

デビュー35周年となる2017年は、14都市18公演を終えたのだとか。

チケットは3万6000円〜5万円と激高ですけど、即日で完売するようです。

なかにはこんな意見もあり、

「年1度しか見られない彼女のディナーショーはプラチナチケット。オークションサイトでは最高13万円で取引されていた」(同前)

あれだけメディアやテレビの前に姿を現さないだけあって、とんでもない金額で落札されるんですね〜

ただし、生バンドがいないカラオケで、ダンサーもなし。

これで5万円は少し高いという意見も多く、ファンだから許されるサービス内容だと言えます。

ちなみに、ディナーショーでは明菜ちゃんのグッズも販売されており、バスローブ2万1000円、パンフレット5000円と高額商品が目立つんだとか。

 

とはいっても2017年末のディナーショー以来、また表舞台から姿を消したままなんです。

2018年はガチで活動ゼロと言ってもよいぐらい活動していませんし、公式サイトなどでも2017年のトピックスから何も更新されていません。

このペースでいくと2019年もディナーショーは開催されないムードです。

この危うくてミステリアスな感じが、いつまでも追っかけたくなるんですよね〜

個人的には「謎な人物」って好きなんですけど、ファンの方にはまた辛い一報になるのではないでしょうか。

中森明菜にテレビ出演のオファーがない理由

過去に色々とあっとはいえ、そろそろテレビ出演してもおかしくないのではないか?

「明菜ちゃん、頼むからそろそろテレビに出てくれ〜」

こんな風に心から願っているファンも多いはずです。

この意見に対して興味深い記事を見つけまして…

「昔からのイメージあるでしょ私。性格が悪いとか。ワガママ言うとか。……ドタキャンするとか(笑)。そんなイメージだから(テレビ出演の話が)来ないんです。『呼んでドタキャンされたらたまったもんじゃないから呼べない』って思われているみたいですよ。残念でしたね。私は全然行く気満々なんだけどね」

引用:文春オンライン

これ、当の本人の発言なんです。

これをどう捉えるか?ですけど、あながち間違っていないはずです。

実際、ワガママでしょうし、周りのスタッフとかいつも困らせていそうですから…

テレビ局側も「出演させれば視聴率は取れる」とわかっていながらオファーしないのは周囲の人たちに迷惑をかけたり、それこそドタキャンする可能性が高いからでしょう。

テレビでドタキャンって別に生放送でなくても大ダメージですし、それこそ生でやったら今まで積み上げてきたすべての信用を失うぐらいのレベルです。

絶対に話題になるとはわかっていながら、最終的には「視聴率取れるけど無難にやめておこう」と各局も判断するのでしょう。

中森明菜の孤独はいつまで続くのだろうか…

某関係者の証言によれば、

「またコントロールできない状態になっている。日本と海外を往き来しているようだ」(元レコード会社幹部)

このように側近の方でさえもコントロールできない状態が続いているようで、ぷらっと海外に出かけているようです。

2019年5月に妹の明穂さんが52歳の若さで病死したことを一部写真週刊誌が報じていましたけど、けっきょく通夜や葬儀に明菜さんは姿を見せなかったようですね〜

明菜の孤独はいつまで続くのだろう、という記事を見かけましたけど、ホントにいつまで続くのか。

ただこれだけ孤独にもかかわらず、相変わらず収入面ではえげつないことになっていると話題なんです。

さすが昭和の歌姫!中森明菜の収入がヤバすぎる…

テレビへの出演もない、ディナーショーも2017年を境にストップしている…

ただそんな状況下でも中森明菜さんはのんびりと暮らしていけるんです。

というか、コレがあるからこそ何もしなくても暮らしていけるんです。

それは楽曲などの印税です。

あれだけ売れに売れまくって今でも根強いファンを中心にカラオケなどで歌われていますので、印税だけで相当な収入を得ていることが容易に想像できます。

JOYSOUNDが出している年間アーティスト別カラオケランキングでは、相変わらず中森明菜さんが1位のようですし、バンバン印税が入っているんです。

またファンクラブの会員料も凄い。

  • 年会費:6,000円
  • 推定会員数は5,000人

ファンクラブの収入だけで軽く3,000万円です。

楽曲の印税に加えてDVDの印税やパチンコ台のイメージキャラクターなどの収入も加えると、軽く1億はあるでしょう。

これにディナーショーを開催すると…

  • 1公演あた500人ぐらい
  • 1人4〜5万円
  • 2017年は14都市18公演

1人あたりの単価を4.5万円で計算すると4億です。

もちろん売上ですけど、そこから経費や人件費を引いても軽く1億ぐらいは中森明菜さんの手元に残るはず。

たった年1回のディナーショーをやるだけで年収は2億ぐらいに膨れ上がるわけです。

さすが昭和の歌姫だけあって稼ぐ額のスケールが違いますよね…

たしかにこれだけポーンと稼げる事実がわかれば、彼女が物静かなのもわかりますよね。

 

中森明菜さんは今後もひっそりと稼ぎ続けて表舞台には姿を現さないはずです。

このミステリアスな感じがたまりませんので、今後も彼女を追っかけていきます。

ところで…中森明菜さんと同じく昭和に大活躍されたアイドルといえば…そう百恵さんです。

噂によれば山口百恵さんはビックリするぐらい変貌を遂げているのだとか…だからテレビ出ないのかもね。

詳しくは山口百恵さんが変貌した理由に載せていますので良かったら覗いてみてください。