ドラマ・映画

ムスカの声優ってあの有名俳優やん!当時の貴重な画像も公開!

ムスカ

「天空の城ラピュタ」に登場する人気キャラクターといえば、ジブリ作品で唯一の悪役と称されるムスカではないでしょうか。

もう名ゼリフとか裏話などなど。

ムスカって何かと話題が尽きない人気キャラクターですよね…!?

ところで、ムスカの声優が誰なのか知っていますか?じつは意外にも「え?知らない…」という方が多いのです。

そこで今回は、ムスカの声優に関する情報をまとめてみました!

ムスカの声優ってどんな人?

ムスカ

「天空の城ラピュタ」では主人公であるパズーやシータよりある意味目立っているムスカですけど、彼の声ってなんというか特徴的ですし「あの声を聞きたい」という方もじつに多いです。

なかには今まで聞いたアニメ声の中で1番だ!と豪語する人もいるぐらいです。

で、じつはムスカの声優って意外な人物が担当していたんですけど…じつはムスカの声優は寺田 農(てらだ みのり)さんが担当していました。

俳優として超有名な方なのでたぶん顔写真を見ると「あ、あの人だったんだッ!」と納得されるはずです。

早速ですけど、プロフィールをチェックしていきましょう!

寺田 農のプロフィール!

  • 氏名:寺田 農(てらだ みのり)
  • 生年月日:1942年11月7日
  • 出身地:東京都板橋区
  • 身長:173cm
  • 学歴:早稲田大学:政治経済学部(中退)
  • 職業:俳優、声優
  • 所属事務所:オスカープロモーション

1961年に文学座付属演劇研究所の第一期生として入所し、同期には樹木希林北村総一朗などがいます。

1965年に「恐山の女」で映画デビューを果たし、同年にはテレビドラマの「青春とはなんだ」にも出演しました。

その後はドラゴン桜(2005年放送)などの人気テレビドラマに出演していましたので、ご存知の方もきっと多いはずです。

寺田農さんの弟子には椎名桔平さんなどそうそうたるメンバーがいらっしゃるようで、もう俳優業界の重鎮といっても過言では人物の一人ですね。

寺田 農(ムスカ)の声優の画像!

では、寺田 農(てらだ みのり)さんの顔画像をチェックしてみましょう!

寺田農引用:オスカープロモーション

いかがでしょうか?一度はご覧になったことがあるはずだと思います。

ほかにも人気ドラマ「ドラゴン桜」では、

ドラゴン桜の寺田農

国語の担任「芥山龍三郎役」を演じていましたね!

ラピュタの声優を担当したときの年齢!

ところで、天空の城ラピュタってよく考えると随分と前に上映された映画ですよね?

「天空の城ラピュタ」が上映された年を調べてみたところ、なんと1986年だと判明しました。

つまり、寺田農さんの生年月日(1942年)をもとに計算してみると寺田 農さんは当時44歳だったことがわかります。

いま考えても絶妙だと感じます。

声音により渋さが増す40代というグッドタイミングですよね?

ちなみに、当時の貴重な寺田農さんの写真を載せちゃいます!

こんな感じです!

寺田農

めちゃくちゃ渋カッコいいですよね?

古き良き時代の男って感じです。

ところで、

これは裏話なんですけど…じつは当初の予定では寺田農さんはオファーされていませんでした。

もともと俳優の根津甚八さんがオファーされていたようなんですけど、根津甚八さんから断られたため、急遽、寺田農さんが担当することになったとか。

この事実は「宮崎駿全書」でも明らかになっていますので、間違いありません。

寺田農って今なにやっているの?

寺田 農

もともと声優より俳優業をメインされている方なので、いまでも俳優のお仕事をこなしています。

ムスカ以外にどんなキャラの役をやっているの?

ガンダムのシャア

ネットで調べていると、ガンダムのキャラクターであるシャアの単語が頻繁に登場してきます。

正直、シャアの声は忘れましたけど…ひょっとしたら同じ声優なのかもしれない。

そこで調べてみましたが、実はシャアは別の方が担当していましたので全くのガセでした。

ほかに寺田農さんが担当したアニメといえば、燃える仏像人間(2013年)という作品だけです。

ちなみに、燃える仏像人間という作品もなかなかぶっ飛んだ作品みたいですよ。

 

今回はムスカの声優について調べてみましたけど、いかがでしたか?

あの寺田 農(てらだ みのる)が声優を担当していたことと、まともにアニメ声優やったのはムスカぐらいなのにあれだけ注目を浴びているのはやっぱり凄すぎると感じました。

アニメ声優ってよく調べてみると他にもメジャーなキャラクターをたくさん担当しているケースが多いんですけど、ムスカはオンリーワンなんです。

「アニメ声のなかで圧倒的にナンバーワンだ!と豪語する人が多いのも少しはわかりますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!