女優

大島優子の母親と居酒屋にまつわる過去のエピソードが衝撃的だった件

大島優子の母親

大島優子さんの母親について調べていると「居酒屋」というキーワードを見かけました。

もしかして母親が居酒屋を経営しているとか…!?

いやいや、よく彼女について調べてみるとある興味深い過去のエピソードが関係していることを掴みました。

なんせ大島優子さんの母親情報ですので…最後までチェックしてみてください。

大島優子の母親が居酒屋を経営!?

大島優子

「居酒屋」というキーワードをみると、つい居酒屋を経営しているのでないか?と想像してしまいます。

大島優子さんの母親ですからきっと美人だと想像もできますし…

 

ただ最初に結論を申し上げると、

大島優子さんの母親は居酒屋を経営していませんでした。

また居酒屋で目撃されたという情報も一切ありません。

 

ではなぜ大島優子さんの母親と居酒屋というキーワードがセットになっているのか?

そこで大島優子さんと母親について調べていると、過去に起きったある出来事が深く関係していることに気づきました。

なかなか衝撃的ですので、以下の記事を読んでみてください。

大島優子と母親にまつわるダークな過去

大島優子の母親

大島優子さんの本籍は父親の実家である栃木県下都賀郡壬生町(とちぎけん しもつがぐん みぶまち)で、生まれて12年間は横浜市港北区(こうほくく)に住んでいました。

ところが、小学校6年生のときに父親の故郷の栃木県に移り住むことに。

理由は父親の兄が経営する割烹料理店(寿司居酒屋)を手伝うためです。

兄が体調を崩したので、なんとかお店の経営を維持しようと大島優子さんの父親が身を乗り出したのです。

 

ただここで悪魔の悲劇が起こります。

なんと大島優子さんが中学校に入学する直前に母親がお店の常連客と出ていってしまいました。

慣れない土地での生活や周りに気の合う友人などもまったくいない環境でしたので、当時の様子に対して大島優子さんも「母親はそうとう辛かったと思う」とコメントしていますけど、それにしても我が子をおいて家を飛び出すなんて…

その後、ごく自然に両親は離婚して大島優子さんは父子家庭で育ったわけです。

 

多感な時期に両親が離婚し、しかも母親が常連客と一緒になって家を出るなんて想像しただけで尋常ではないぐらい辛かったことはわかりますよね?

あのAKB48の全盛期、前田敦子さんと並んで大活躍していた大島優子さんにそんな辛い過去があったなんて、誰も知らないのではないでしょうか。

つまりまとめると、

大島優子さんの母親はけっして居酒屋を経営しているわけではなく、過去にご主人が経営していた割烹料理店(寿司居酒屋)の常連客と家を出ていたということです。

厳密にいうと割烹料理店(かっぽう)ですけど、なんか言葉が固いし言いづらいので「居酒屋」と表現する人が徐々に増えたのでしょうね。

大島優子さんと母親の現在の関係

こんな悲劇があったにもかかわらず、それ以上に凄いことは大島優子さんが母親が勝手に家を出たことを許していることです。

フツーに考えたら母親とは二度と連絡は取りたくない、顔も見たくないと考えるのが普通ですよね?

でもすべてを許しているんです。

やっぱり、あっちゃん(前田敦子)と競い合った女の器は一味も二味も違います。

結局、母親は今なにやってんの?

母親は現在、栃木県東部の百貨店に努めているようです。

細かい職業までは掴めていませんけどきっと大島優子さんと同じ美人肌なので化粧品売場とかアパレル関係の仕事に就いているのではないでしょうか。

 

ところで、栃木といえば大島優子さんの父親も栃木にいます。

絶縁状態にもかかわらず意外にお二人が近くに住んでいることには驚きました。

ばったり会ったらどうするのでしょうか。余計なことを考えてスミマセン…

 

 

今回は大島優子さんの母親に関する情報を調べてみましたけど、いかがでしたか?

大島優子さんの母親と居酒屋というキーワードがくっついていた理由は、かつて父親が経営している寿司居酒屋での悲劇に関することを指していたと理解できましたか?

大島優子さんにこんな辛い過去があったとは…最近はあまりテレビでも見かけなくなりましたので、もっともっとテレビにも露出して活躍していただきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!