スポーツ

紀平梨花は素顔のほうが3割増し!?厚化粧とすっぴん自撮り比較も!

紀平梨花

「もう真央ちゃん超えたよね…」

最近のフィギア界を覗いているとあちこちでこのような声を耳にするようになります。

何を隠そう、フィギア界に紀平梨花(きひら りか)という天才女子が降臨したからです。

ところで、

紀平梨花さんをテレビ越しで眺めていると結局、すっぴんはどんな感じなのか?という素朴な疑問が湧いてきませんか?

紀平梨花さんを「世界レベルの美人」だと豪語する人もいますけど、実はすっぴんはエゲツないのか?それともナチュラルな彼女はさらに魅力的なのか?

今回は気になる紀平梨花さんのすっぴん事情を暴いていきます!

紀平梨花のすっぴんが気になる!

フィギア女子で今もっとも注目されている人物といえば紀平梨花さんですよね?

女子なのに羽生結弦さんみたいに4回転ジャンプするとかしないで話題になっていますし、もちろんルックスもかわいいのでさらに注目されています。

ただよーく彼女の顔を眺めていると、「じつはそんなにかわいくないのではないか?」という素朴な疑問が湧いてきます。

当たり前ですけど彼女はあくまでフィギアスケート選手。べつに女優でもタレントでもないので、超絶にかわいいというわけではないからです。

だからこそ彼女の素顔は一体どんな感じなのか?その真相を知りたくなりますよね?

ただいきなりすっぴんをチェックする前にまずは普段の紀平梨花さんからチェックするほうがごく自然に彼女のすっぴんを受け入れられますのでそうしましょう。

紀平梨花のかわいい画像集

ちょいと彼女のキマった写真を探し回っていましたけど…

紀平梨花 紀平梨花

たしかにかわいいですよね?

まだ10代なのにオーラも凄い。どちらかといえば小柄な体型ですけど、マドンナみたいなポーズもキマっています。

紀平梨花

海外の美女軍団と並んでも「和」という個性で独自の色気を出しています。

浅田真央ちゃんとか主力メンバーが辞めたあと、フィギア女子の中で一番キャーキャー言われているのは間違いなくこの子です。

ただ、紀平梨花さんをかわいいと褒め称える人ばかりではないのが現実。

彼女をなんというか、少し上から目線でけなす人がいるのもまた事実なんです。


紀平梨花ってぶっちゃけどうなの…!?

よく聞く代表的なネガティブワードはブサカワです。

ブサイクだけどかわいい、という意味で相手側からすればまったく嬉しくない言葉の代表格です。

たしかに、紀平梨花さんは一般人だけどかわいいという絶妙なポジションに居座っている方なので、「じつはすっぴんはエゲツないのではないか?」とかいろいろと考えてしまう気持ちもわからないことはないです。

・・・

あまり女性の素顔など見たくないものですが、もうこうなったら真相を暴いていくしかありません。

【秘蔵】紀平梨花のすっぴんを公開!

待ちくたびれていた方も多いはずですけど…いよいよ紀平梨花さんのすっぴん写真を公開していきます。

ただ最初に忠告しておきますけど…彼女のすっぴんは予想以上にかわいい、いやナチュラルです。

なんというかミネラルウォーターみたいにみずみずしく何も混じりけがないので、いつまでも眺めていたい、そんな感じですよ。

では紀平梨花さんのすっぴんをご覧ください。

紀平梨花のすっぴん画像

ではいよいよ紀平梨花さんの素顔を公開していきますけど、彼女のすっぴんを語る上でいくつも写真を用意する必要はありません。

むろん、たった1枚。

この1枚に彼女の素顔の全てが凝縮されていると言っても過言ではありません。

若干、口元にうっすらとリップみたいなものを塗り込んでいるのは否めないですけど、そこは勘弁してください。

では紀平梨花さんのナチュラルすぎる素顔を堪能してください。

紀平梨花のすっぴん

いかがでしょうか?

フィギアモードの紀平梨花さんはもちろんいいけど、なんかすっぴんも悪くないなぁ…とかニヤニヤしながら考えていませんか?

これが浅田真央の後継と叫ばれる女性の素顔です。

我々はフィギア界特有の厚化粧ばかり眺めているので、どこか化粧でごまかしているとかブサカワとかブツブツ言っている人は多いですけど、あの1枚の写真で全ての問題が解決されえるはずです。

すっぴんもめちゃくちゃかわいい…と。

紀平梨花の厚化粧とすっぴんを比較してみた!

せっかくなので…紀平梨花さんの厚化粧とすっぴんを比較してみました。

紀平梨花

いかがですか?

甲乙つけがたいですけど、やっぱりすっぴんの方に一票を入れたくなります。

やはり「化粧」というその場しのぎのテクニックではごまかしがきかないんですし、すぐに飽きてします。

世の男性諸君はべつにナチュラルでいいとさえ思っています。むしろナチュラルな素顔でいてほしい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。